fbpx

嫁「あんたのせいで私まで見下される!もう離婚する!」←人から言われたことを鵜呑みにして離婚を口にする嫁に嫌気が差した

会社の先輩に先輩の嫁友を紹介されて付き合いを開始し、その後に入籍した。
先輩と先輩嫁、そして俺嫁はもともと友達同士だったが
いろいろな出来事があって、
ついに「あんたのせいで私まで格下に見られるようになった!」と言われ、昨夜。
嫁「もうアンタとはやっていけない!リ婚!!」
…これって、俺が悪いの?
俺38歳 嫁47歳
嫁はバツイチで2人(16歳・18歳)の子持ち。俺は初婚で、当然小梨。
実際、俺は先輩&先輩嫁には昔からお世話になっているので
頭が上がらないわけだが、俺と嫁は対等のはず。
会社で、家庭で、ずっと誰かにエラそうにされるのが耐えられない。
もうリ婚するわ嫁に言ってきた
そしたら「は?バ力?本気にしてたの?」だとさ
腹立つから黙って出ていくことにする
今日、エイ○ルで新しい部屋を決めてきた。
明日から少しずつ荷物を持ち出して来週中には嫁の前から消える。
嫁はバツイチで連れ子が2人いるんだ。
もともと3人家族の中に俺が入って4人家族になったワケだけど
夫婦仲が悪くなった今では元の3人家族に戻ったみたい。
だから、誰も俺の行動には興味がないようだ。
さて、午後から少しずつ荷物を運び出すよ。
俺は30半ばまで独身だったが、
先輩は俺がフラフラしてるように見えたようだ。
でも、結婚すれば落ち着くだろうと先輩から紹介されたのが嫁だった。
結婚させた後に仲を悪くするようなことするなら
最初から嫁なんか紹介しなければよかったのになぁ。
KWSKされたので話せば長くなるが、概略だけ。
会社のNo2が新会社設立
先輩を含む全社員の1/3が新会社に移籍
俺も誘われるが「だが断る」
先輩嫁が俺の嫁に移籍を勧めるよう命令
嫁が俺に移籍を勧めるが「だが断る」
先輩と顧客の取り合いがあり俺が勝つ
言うことを聞かない俺にイラつく先輩&先輩嫁が俺の嫁に八つ当たりする
嫁の連れ子(妹)が高校を辞めた時とか、連れ子(姉)が家出した時とか
けっこう色々話し合って絆が出来たと思ったんだけどなぁ。
まぁ、俺のせいでそれまで対等だった相手に見下されるのは辛いと思うけど
なんで俺よりも友達を選択するのかがわからん。
ま、今度は自分より歳下の嫁を探しますわ
言いたかねぇケド、9つも歳上で2人の子持ちとサイ婚できるやつって
俺以外には絶対にいないと思ったのよ。
愛情があるからこそ、そろそろ閉経しかかってる女と夫婦やってるのになぁ。
歳上の女房は金の草鞋を履いてでも探せって言うけど、
こんな嫌な目にあうなら止めときゃよかったわ
嫁から凄い数の着信がある。
当然、無視してるけどねw
ひょっとしたら計画がバレたのか?ま、今更変更は無いけど。
金曜日の夜か土曜日の朝に緑の紙を渡して出て行くつもりです。
どっちが有責かなんてどうでもいいし慰謝料を払うつもりもない。
困ったことに、俺は口喧口華では嫁に勝てない。
だから、黙って緑の紙を渡し、そして黙って出て行くつもり。
うーむ。今夜と明日は家に帰らない方がいいなぁ。
これから馴染みの飲み屋へ行ってきますわノシ
よく弁護士!弁護士!って言うヤツいるけど、
弁護士が何でも解決できると思ったら大間違い。
特に今回の俺の案件なんか相手にしてもらえないと思う。
嫁はハナっから俺の話なんて聞かないし、
俺側には味方は一人もいない。まさに四面楚歌。
ってことで、昨夜まで友人宅を泊り歩いていたが
ようやくこれから嫁と対決しに行く。
緑の神は念のため3枚用意してきた。
 結果報告
昼前に家に着いたが玄関にチェーンロックがかかってた。
チャイムを鳴らすと、嫁が苦虫を噛み潰して
センブリで飲み下したような顔して出てきた。
そして、第一声が「何しに来たの?」だった。
俺は緑の紙を突き出して「これにサインをしろ」と言った。
嫁にグーで殴られた。2発目はかろうじて避けた。
そして、ひるまずに「これに~」を繰り返した。嫁は自室に閉じこもった。
俺は部屋の前で「明日、取りに来るから必ずサインしろよ!」と叫び
さらに「もう二度とこの家には戻らんからな!」と言った。
リビングに緑の紙を置いて、そのまま家を出た。
17時頃から嫁からの着信が山のように入っているが無視している。
メールも続々と届いているが未開封のままだ。
緑の紙は明日にでも回収に行くつもり。
俺の意思表示はちゃんと嫁に伝わったはず。
それに、もともと嫁の方から「もうアンタとはやっていけない!リ婚!!」と言ってきた。
他の事なら今まで何度も俺が折れて譲ってきたが、
リ婚を脅しに使うような女とはこっちから願い下げだ。
昨日までロクなもんを食べてなかったので体がフラフラする。
これから友人と一緒にひつまぶしでも食べに行って明日の第2ラウンドに備えるつもりです。
「何しに来たの?」とかは嫁がいつも使うイヤミですわ。
俺が酔って朝帰りした時はいつも言われる。
メールって言うか、lineが着信した時はアタマの部分だけ見えるからおよその見当はつく。
たぶん「拗ねてないで早く帰ってこい」的な内容だ。
俺は30過ぎまで兄貴と一緒に親の自営業を手伝ってたんだが、
今から5年ほど前に親が商売に失敗して廃業&自己破産したんだ。
そこで、先輩の会社に拾ってもらったんだが、
今まで会社の営業なんかやってなかった俺は仕事の覚えがかなり悪かった。
それで先輩にはずっと頭が上がらないんだ。
でも、夫婦に仕事の上下は関係ないだろ?
それでも友人から各下に見られる旦那が具合悪いなら黙って俺が出ていくしかないじゃん。
第2ラウンド終了。決着つかず。
嫁が言うには「あの時は(先輩)と(先輩嫁)に批判され続けておかしくなっていた」らしい。
一種のノイローゼみたいなもんで「それを真に受けるな」と。
さらに「そのくらいの優しさもないのか!」と罵倒された。知らんがな。
「だから(先輩)と(先輩嫁)に批判され続ける旦那など不要だろ?」
「妻のノイローゼを真に受けて、それをフォローできない旦那ってどうよ?」
「こっちは独り身になっても困ることなんかないんだ」
「お互いに元の関係に戻ろう・・・」
ここまで言ったら、また鉄拳が飛んできた。
昨夜はしっかり食べたから、今日は最初からうまく避けれた。
嫁は泣きながら、詫びなのか罵倒なのか解らない言葉を投げつけてきた。
アイラインが流れて涙で黒く汚く醜くなった嫁の顔を見てると
無くなったはずの愛情がさらに無くなったような気がする。
年上で優しくて、でもどこか甘えたで可愛かった嫁は、もう目の前にはいなかった。
「とにかく、俺はこの家にはもう戻らないから」
「リ婚届にサインをしたら俺の会社に郵送してくれ」
嫁にそう告げてから、早々に退散した。
ここの誰かが言ってたけど、やっぱり弁護士さんに頼みますわ。
自分からボロクソに罵っておいて「リ婚する」とまで言ったくせに
イザとなってから取り消すなんて、ホントに信じられない。
しばらくは放置するけど、長引くようなら弁護士を探します。
先輩から電話で呼び出された。
たぶん、嫁が怒鳴りこんだみたいだ。
先輩には恩があるけど、他社に移籍した時点で関係は断絶している。
おそらく復縁しろってことだろうけど、断固として断るつもり。
嫁が先輩に絡んだせいで、余計にややこしくなってきた。
おかげで週明けから仕事にまで影響してきたわ。
先輩と嫁の意見はスルーします。
愛情があったからこそ今まで我儘を聴いてきたけど、今や愛情ゼロなんだから聴く必要無し。
先輩も他社に行ったから、今は競合他社のライバルです。
さっき会社から連絡があった。どうやら嫁が会社まで来たらしい。
俺は基本的に終日外回りなので出くわすことは無かったが、さすがにちょっとビビったわ。
今日は事務所に戻らず直帰します。
今後は一切取り次がないようにお願いしたけど、何だか憂鬱だなぁ
歳上だけど、甘えたで可愛い嫁だったんですよ。
先輩と先輩嫁さえ絡まなければ。でも、もう過去のことです。
覆水は盆に帰らず。吐いた唾は飲め無いよ。って嫁に言ってやった。
今日は(義理の)娘からメールが来ましたわ。
曰く「もう(俺)さんが来た時から、ずっと4人家族だったの!」
とか「なんで今さら意地悪するの?」ですわ
すまん、俺は君達の父親じゃないのよねぇ(~_~;)
鬼のように電話がかかってきたが、着拒した。
すると「お母さんが怒っていたから私達も話しかけ辛かった」とか、
「私が家出した時に援けてくれた恩は一生忘れない」等のLineが来た。
まだリ婚届にサインしてもらってないんですわ。
先輩の方は昨日きっちり決別してきた。
昨夜、また先輩に呼び出されたんだが、相変わらず先輩はちょうすいとるわ。
「お前がリ婚すると俺ら夫婦が○○(嫁)から訴えられるがね!」とか、言いやがる。
だもんで「そんなこと、俺には全く関係ありません」
「結婚もリ婚も両性の同意によるもんですよ」って、言ってやった。
それから「○○(先輩)さんはもう俺の上司じゃないから今後は呼び出さないでください」とも言ってやった。
めちゃんこ怒ってたけど、もう知らん。
明日は嫁親に会いに行くつもりです。
嫁親は社会福祉法人の理事長で、嫁はそこの理事。
嫁親は最初、俺が嫁の金目当てで結婚すると思ってた。
当然、結婚には大反対で、たぶん今も快くは思っていない。
今まではこれが嫌で嫁親のところには顔を出さなかったが、
今度はこれを逆手に取って利用しようと思う。
もともと結婚するときは嫁親から反対されてたから
リ婚するとなれば賛成してもらえると思う。
義娘も結婚には反対してたくせに、今はリ婚に反対している。
そりゃ、俺も家族になろうと頑張ったけど、それを壊したのは全て嫁と義娘なのに。
俺と同じようなことが誰かにおきることは無いと思うけど、
こんなケースもあるってことで細かく報告しますわ。
義娘(姉)はフリーターなんだが、
未成年のくせに男と遊んだり酒を飲んでは朝帰りを繰り返してた。
俺はいちおう父親になったから、同居した時にそのことを軽く窘めた。
以後、義娘は慎むようになったが、ある時にまたやってしまった。
俺は理由を訊きたかったんだが嫁が頭ごなしに怒鳴りつけたんだ。
それで、義娘は居たたまれずに家出→俺が助け船を出す→義娘帰還できる。
そこから、俺と義娘は仲良くなった。
でも今回、嫁が俺を罵倒している時、義娘は冷ややかな眼で俺を見ていた。
あの冷たい眼は一生忘れない。
義娘(妹)は、志望高校の受験に失敗して、第2志望に入学した。
同じ中学からの入学者がなくて友達ができず4月末には不登校になった。
結局GW明けには退学して、それ以降はずっと引き籠っていた。
6月になったある日、
俺の発案で俺と義娘(妹)が2人で毎週土日にある資格の講習に参加した。
2人で外出できるようになると、今度は義娘(妹)を嫁の施設で働かせることにして
数週間後には義娘(妹)が独りで通勤できるようになった。
施設の利用者にも笑顔で接するようになって今では結構人気者らしい。
「お父さんのおかげだねっ」
って言ってくれたので、俺も父親になれたと思った。
でも、あれは嘘だったんだなぁ。やっぱ、母親には勝てねぇや。
嫁から「お母さんとお父さん、どっちが悪いと思う?」って訊かれた2人は
俺の方を無言で、さらに冷ややかな眼で見てた。
鼻の奥がツーンときたね。でも、オイラ男だから泣かなかった。
>>まてまて、業績の事に嫁が一緒に働いてる訳でも無いのに
 口出して、おまいは突っ撥ね無かったのか?
業績というか、要は先輩からのクレームですわ。
「また○○(先輩嫁)から馬鹿にされた!」
「あんたの業績が悪いから!!」ってな具合ですわ。
さらに、もとはと言えば俺の知り合いだった人が何人か先輩の顧客になったが
先輩が会社を移籍した時に顧客は俺の方についてしまった。
まぁ、正確には俺の方ではなくて俺の会社の方なんだが、先輩はそれを恨んでるわけ。
だから余計に俺や俺嫁に突っかかるようになった。
で、そんなに嫌なら先輩や先輩嫁と会わなけりゃ良いのに、
「なんでアンタの為に何十年も付き合ってる友達を切るのよ!」って言いやがる。
言い返さないと言うよりは、呆れてものが言えない状態ですわ。
今まで絶対的存在だった母親に選択を委ねられたら、本心は言えないかもしれない。
そう言う意味では、俺はまだ人の親にはなれてなかったんですね。
その点では大いに反省します。
頑張ったことが裏目に出始めました。
嫁は意地っ張りだから嫁親に泣きつくことは無いと思ってましたが
義娘が嫁親に仲裁を頼んでいたようです。
朝一で嫁親から電話があって、以下のことを伝えてきた。
「最初は9歳も年下で頼りないと思っていたが、
 素行が悪くてグレてた孫娘(姉)を立ち直らせたり」
「引きこもりの孫娘(妹)を明るくしてくれたのは間違いなく君だ。感謝している」
「せっかく出来た頼りがいのある父親なのに今さら見捨てないでくれ」だってさ。
「それを棄てたのはアナタの娘なんですけど?」って言ったら絶句してた。
嫁が家事をせずに職場の同僚と飲み歩き、
挙句の果ては同僚を呼んで旦那を責めて、
リ婚した話をまとめで読んだことあるけど、ウチの場合もそれに近いなぁ。
夫婦や家族の愛情よりも友達への見栄を優先するって、いったいどんな思考回路なんだろう。
さらに、自分から言い出したリ婚を無かったことにできる、この感情も理解できない。
まぁ、理解出来ても出来なくても、もう続けることが出来ないのは確定。
午後からもう一度、嫁親を説得しに行ってきます。
アカン。嫁親に丸め込まれそうになった。
嫁親が言うには、
「だいたいね、キミ。娘の性格からして、ちゃんと解ってない」
「あの娘はカッと頭に血が昇ってるときは
 たとえワシの私の言うことさえも聞かないんだよ」
「俺くんはその辺りをちゃんと弁えて、これまで巧くやってきたんじゃぁないのか?」
「最初は娘よりもだいぶんと年下で、学歴も低く職歴も怪しいと思っていたが」
「孫たちがピンチになっても救ってくれたし、娘も心から信頼しているようだった」
「だから、俺くんには本当に感謝してるんだ」
「娘が友達から何を焚きつけられたか知らないが、それは一時の気の迷いだ」
「そんなことを真に受けて、人生に関わる大事なことを決めてはいかんよ」
「悪いことは言わん、騙されたと思って、もう一度やり直したまえ」
と言うこと、らしい。
途中で何度も話を遮ろうとしたが、俺の話なんて聴いてもくれない。
おかしいな?最初、嫁は俺とリ婚したがっていて、
俺はそれを回避しようとしたのに誰も味方してくれなくて悩んでいたのに。
今度は俺がリ婚しようとすると、みんなが悉く反対する。
ひょっとすると俺が悪いのか?なんか、だんだん訳が解らなくなってきた
>>すげえヒス嫁じゃね?
確かに、ひどいヒスです。
俺をやり込めようとする時は、まるで自爆テロのようになるわ。
そして、本当にそれが永遠に治らないんなら見切りつけるべきですね。
うん、やっぱり俺が悪いわけじゃなかった。
これは長丁場になりそうだが、初志貫徹できるよう頑張ります。
「言っていいことと、絶対言ってはならんことは解るよな?」
「その、絶対ならんことを何度もやったんだから、当然、覚悟の上だよな?」
↑こんな内容のことを嫁と嫁親には言ってある。
「こんな理由でリ婚するのは馬鹿げてる」
と何人もの人に言われるとだんだん頭が混乱してしまう。
でも、耐えに耐えた結果の結論だから、今後はブレないようにします。
昨夜は会社の飲み会があって、いつもは直帰だったが夜に帰社した。
簡単な報告書を書いて、退社しようとすると社の玄関に嫁がいた。
ダッシュで走り抜けて嫁を撒いた後、飲み会の店に向かった。
ところが一時会終了後に店を出て、ひとり電車に乗ると嫁が乗ってきた。
どうやら同僚の誰かが飲み会の店を教えたようだ。
嫁は何も話しかけてこなかったので、そのまま無視を続け、一駅先の駅で降りた。
飲んでいるから走れないと思ったのだろうが、駅前でタクシーを拾って自宅に戻った。
こんどは巧く撒けたと思う。
嫁は、いつも頭ごなしに言えば言うことを聞いてきた俺が、
まさかここまで拒否するとは考えもしなかったのだろう。
ヒスって攻撃してきたのが今度は情に訴えようとしているようだ。
たぶん、今度は娘も連れてくるだろう。
このままでは埒が明かないので会社の顧問弁護士に連絡して
リ婚に詳しい弁護士を紹介してもらおうと思う。
はぁ、ホント、疲れるわ。また先輩から電話があった。
以下、先輩→俺の会話
「話がある。今から俺の家に来い」
→前にも言ったけど、もう呼出には応じない
「なら、お前の部屋に行く。場所を教えろ」
→もう上司でもない人の指図は受けない
「いつまでも拗ねてないで、とっとと仲直りしろ!」
→仲違いの原因を作ったあんたが何を?寝言は寝てから言え!
「あれは言葉のあや。本気にする方が悪い!」
→何度もしつこく言い続けて真に受けさせるあんたが悪い!
「とにかく話を聞け・・・」
→うるさい!二度と連絡するな!
「オマエ、今までの恩を・・・」
→今までの恩は覚えている。でも今回のこの仕打ちで帳消しだ
「とにかく・・・」
→やかましい!今後、あんたとの付き合いは固くお断りします。
「ちょっ・・・」→とにかく!絶交します!でわ!
災いの張本人が何を偉そうに。意外な展開に。
顧問弁護士の件で上司に連絡すると、当然にどんな案件か尋ねられた。
で、恥ずかしながらリ婚です、と。
元社員だった先輩が原因で修復不可能なことも。
すると、上司が大激怒した。
「あいつらゴッソリと顧客を奪って、さらに元の同僚の家庭も壊す気か!?」
って、大音量で怒鳴られて、ちょっとチビりそうになった。
今まで俺一人で、嫁+義娘(姉)+義娘(妹)
+嫁両親+先輩+先輩嫁を相手にしていたが
ここにきて漸く俺にも味方が出来た。
と言うのも、俺の母親は一家離散したのちに鬼籍
親父は自己破産したので音信不通
兄貴も居所は分かるくらいでほぼ音信不通なんだ。
だから、弁護士に相談する前に上司が、俺と一緒に嫁と交渉してくれるらしい。
とりあえず、少しだけ見通しが立ったようだ。
昨夜は上司と晩飯を食いながら話をしたんです。
上司は俺の味方になってはくれているんですが
それは辞めた先輩に怒っているだけなんです。
リ婚を煽った先輩が悪い→煽られた嫁も悪い→ここまでは良いのだが
なんとなく、先輩は謝罪しろ→嫁も謝罪しろ→君は嫁を赦してやれ、になりそうな気配。
いや、最後は違うんです、謝罪は要らないからリ婚したいんですって言ったら
「あぁ、そうだったなw」って言ってくれたけどイマイチ不安です。
一応、今日の午後から上司と一緒に嫁と会うので、また報告します。
 結果報告
嫁家の近所にある日本料理屋の個室で、嫁 VS 俺+上司で対面。
①嫁、泣き土下座+復縁願い→俺、だが断る→上司、まぁまぁまぁ
②上司、先輩を非難する→次に煽られた嫁の悪い点を示す→嫁、謝罪する
③上司、俺に謝罪の受け入れを要請→俺、だが断る→嫁、大号泣
④上司、とりあえず別居を勧める→俺、納得→嫁、だが断る
⑤上司、根気強く嫁を説得→嫁、渋々納得、だがリ婚届は破り捨てる
今日のところはここまで。
別居中の生活費はお互いに自給自足(嫁の方が収入は多いから)
実質的には開放されたも同じだから、いずれリ婚調停できるだろう(と思う)
ちょっと面白いことがw
先輩が嫁から訴えられるらしい。
何をどんな理屈でそんなことが出来るのかわからんが、
屁理屈を言わせれば超一流の嫁には簡単なコトなんだろうか?
でも、どうやらコレで矛先は俺ではなくて
先輩&先輩嫁に向いて行ったってことは、俺にとっては非常に喜ばしいw
俺は別に×1でも子持ちでも良かったんだ。
親父が自己破産して一家離散。
母親も亡くなったし、兄貴と親父も音信不通。
そんなときに一度に家族が増えて、実はとっても幸せだったんだ。
ま、今となっては、幻想にすぎなかったけどね。
昨夜、先輩から改めて謝罪を受けた。
そして、今回の騒動の全容と真相を聞いた。
先輩の嫁は永年にわたって、ずっと俺の嫁を妬ましく思っていたらしい。
夫婦の世帯年収より俺の嫁1人の年収がはるかに上だったり
先輩夫婦は小梨なのに俺嫁は2人も産んでいる。
だから頼りないペケ社員の俺をひっつければ少しは苦しむと思った。
娘が家出した時なんかは「ヒトの不幸は蜜の味」だったのに、
俺が以外と活躍して今では以前よりも幸せそうになっている。
「なんで!?○○(俺嫁)のクセに!!ウチより幸せなんて許せない!!」
「そうだ!(俺)の悪口を言ってあの夫婦をリ婚させれば良いのよ!! 」
先輩は最初のうちは俺を庇って、先輩嫁を窘めてくれてたそうだ。
ところが、毎日まいにち同じことをクドクドとぼやかれていると、
だんだん洗脳状態になり俺を庇うことが馬鹿らしくなったらしい。
そして、そうこうしている時期に新会社への転籍問題が浮上した。
子飼いであると思った俺が先輩についていかなかったことや、
顧客の取り合いで俺に負けたことで、かなり腹を立てたようだ。
それで、先輩嫁に完全に同調してしまい、
「(俺)のクセに!永年面倒見てやったのに!!」
「許せない!!」となってしまったらしい。(知らんがな)
で、結局は盆前に先輩宅へ内容証明が届いたらしい。
内容は、誹謗・中傷への謝罪と二桁万円の慰謝料請求。
慰謝料は支払い済みで、嫁への謝罪も済んでいる。
俺が先輩夫婦の謝罪を受け入れれば終了だそうだ。
まぁ、真相を聞いたところで何か変わるわけではないし
冷え切ってしまった嫁への感情が良くなるわけでもないので
先輩の謝罪はあえて受け入れることにした。
ただし、先輩からの復縁要請は固くお断りした。
リ婚調停って、どのくらいの別居期間があれば起こせるのかな?
なんか嫁から「悪者を倒したから戻っておいで」って言われそうで
昨夜から悪い予感しかしないんだけどなぁ
独り暮らしも早1ヶ月を過ぎた。
2週間前に上司の勧めで、嫁からの着拒とメールブロックを解除した。
以来、2~3日に1度の割合でメールが入る。当然、既読スルーw
しかしなぁもともと赤の他人だった人間が
1か月も離れて暮らすと、さすがに愛も情も薄れてきますね。
というか、俺ってこんなにクール&ドライな性格だったのかと我ながらビックリですw
まだリ婚届は出していないから、正式にリ婚はできていない。
でも、嫁は「リ婚を視野に入れた別居」に同意しているので
後は向こうがいつ諦めてくれるか、ですわ。
いまのところ「性格の不一致」という結論なので、
慰謝料なし、財産分与なし、で合意できてます。
彼女を作るのは正式にリ婚してからですね。
先輩夫婦は嫁に二桁万円の慰謝料と謝罪で決着した。
俺は先輩の謝罪は受け入れたが今後一切のお付き合いをお断りした。
娘は2人とも俺のことをどう思っているか解らない。
俺自身も娘のことをどう思っているか解らない。
今思えば砂上の楼閣だったのかな。
リ婚前提の別居を呑み込ませたのは俺の上司。
「奥さんはさんざんリ婚を脅しにして旦那を蔑にしたわけだから、
 いつか本当にリ婚することになることを予測できたはずだ」
↑このことを丁寧に説明して納得させた。
「今すぐにリ婚するのは納得できないが、考える時間が欲しい」
「どうしても旦那の心が戻ってこないなら、その時は諦めます」 と、最終的に嫁が折れてまとまった。