fbpx

彼女とは遠距離恋愛だったんだけど、彼女の親から突然電話が来た。「娘は事故で亡くなった。葬儀は身内だけで行うから」

大学の時から付き合ってたAと
卒業を機に遠距離恋愛する事になった。
俺は地元(東北)で就職。
Aは東京で専門学校。
会うのは2週に1度~月1
仕事がきつかったけど
なんとか時間を作って会いに行ってた。
遠距離始めて1年が経った4月
突然彼女の親から電話があった。
・Aが事故で死んだ事
・葬儀は身内だけで行う事
それだけ言って電話は切れた。
訳がわかんなくて掛け直したけど電源が切れてた。
休みを貰ってアパートに行ってみたけどもう引き払われてた。
Aの実家も~県~地方としか知らないので行けない。
Aの友達とはA経由でしか接してなかったから、連絡取れない。
八方塞りでどうしようもなかった。
物が食えなくなり夜眠れなくなり
遂に会社で倒れて緊急入院。
1ヶ月で20キロ近く痩せた。
病院の勧めでカウンセリングを受けたり
友人に励ましてもらったりして、
なんとか日常生活を送れるまで回復。
Aの分まで精一杯生きようと誓った
…が、久しぶりに出たサークルのOB会でAが生きてる事が発覚。
後輩の新しい彼女がAと同じ部活で、そこからAの話を聞いたらしい。
しかも、Aは別れた原因を捏造して
周囲に伝えていて後輩達からケダモノ扱いされた。
Aが語った俺の外道っぷり
 ・遠距離始めてから浮気を疑うようになった。
 ・平日でもAのアパートに来て居座る。
 ・そのうちDV始める
 ・耐え切れず別れを切り出したらストーカー化
 ・学校の友達(現彼氏)の手伝いもあり、縁切り成功
1個も身に覚え無ぇw
平日とか会社休んだ事無いし、
暴力振るった覚えもストーカー化した事も無ぇよw
って事で、なんとか後輩達を説得して協力を漕ぎ着け
後輩の彼女に面会する事になった。
1週間後、ファミレスで後輩彼女と面会。
後輩から大体の事は聞いていたようだけど
未だ俺の事を信じていないみたいなので、
必殺の『Aとの思い出フォルダ』を繰り出す事にする。
これは、精神病んでた時にAの送った
メールとか写メを見るのが辛くて、
消そうと思ったけど消せず、しょうがないから
SDカードに全部移して封印してた物だ。
数年後、過ぎ去りし日の思い出として
落ち着いて見れたらいいな、なんて思ってたけど。
まさか数ヵ月後に、我が身の潔白を
証明するのに使うとは思わなかったぜ…
そんなこんなで恥ずかしいメールの数々を晒し
後輩彼女納得。詳しい話を聞いた。
大体は↑の話と一緒だったんだけど1個だけ違うのが
現彼氏じゃなくて旦那なんだって…
現在妊娠中なんだって…
生きてるって分かった時には、
俺の事嫌いになってても生きていてくれたらそれでいい
なんて思ったりもしたけどこんなんだったら
タヒんでてくれた方が良かったよ…
で、ホントはAの近況聞いて終わりの予定だったけど
メール見直してたら思い出しちゃった。
Aは生活費とか学費をバイトで賄ってたけど
それがキツくなって俺に泣きついた事。
週末は俺がいてバイトに入れなかったりしてた負い目もあって
なけなしの金を貸してた事。
それが総額30万くらいになる事。
すっかり忘れてたけど、
ここまでされたら是が非でも返してもらわにゃ。
と言う事で、後輩彼女に協力要請。
幸いな事に、Aの現住所は後輩彼女が知っていたので突撃する事にした。
(Aは旦那の実家に嫁いだらしい)
最後に後輩彼女に部活内の根回しをお願いしてこの日は解散。
10月某日、えてもらった住所に友人と2人で来訪。
(友人にはDQN対策としてついてきてもらった)
感情的にならない事、あくまで事務的に接する事を友人と約束して突撃。
インターホンを押して出てきたのは、感じのいいおばさん。
オバ「どちら様でしょうか?」
俺「はじめまして、○○と申しますが
  Aさん(あえて旧姓)いらっしゃいますか?」
オバ「はぁ…?どういったご用件で?」
俺「Aさんに貸していたお金を返して貰いに来ました」
突然の事で、おばさん混乱。
何かオロオロしだして、どうしていいか分からないみたいだったので説明。
(元彼とか、嘘ついてたとかの部分を除いて)
急に連絡が取れなくなった事だけ伝えたら、
「とりあえずお話を」って言って家に上げてくれた。
そして、居間で呑気にお茶飲んでたAとご対面。
久しぶりに見るAは、少しぽっちゃりして大きいお腹抱えてた。
俺を見た瞬間びっくりして固まっちゃったので、まずは挨拶。
俺「お久しぶりですAさん」
A「ヒィッ!」
俺「そんなに驚かないで下さい。僕の方が驚いているんです。」
 「亡くなったと聞かされていたのに、
  まさか生きてて結婚までしてるんですから。」
A「それは…あの…」
Aが言い澱んでいると、おばさんが
「どういう事でしょうか?」と言われたので、ご説明。
俺「実はAさんとは今年の4月までお付き合いしてたんですよ。」
俺「ですが、突然Aさんが亡くなったと
  連絡を受けてそれっきりになっていたんです。」
 「それが最近嘘だと分かりまして、なら貸していたお金を返して頂こうと。」
A「違うんです…」
俺「はい、更にはお友達に私の事を悪く言っていたようで
  信用を回復するのに一苦労でした」
もうAさん顔面蒼白。対照的におばさん顔真っ赤。
オバ「それは本当なんですか?」
俺「メールの写しでよければ見ますか?」
見たいと言う事だったので、印刷したメールの写しを見せる。
見せてる間中Aが「違うんです…それは違うんです…」
と呟いていたが、おばさんガン無視。
メールを粗方読み終わり、
鬼のような形相になってるおばさん。
オバ 「わかりました。こちらの都合で
   迷惑をお掛けしたようで誠に申し訳ありません。」
  「お金の方は必ずお返ししますから、
   今日の所はお引取り願えませんか?」
なんかこう、凄い修羅場になるかな?
なんて覚悟して行ったので、拍子抜けだったけど、
お金は返してくれるって言ってるし。
当初の目的は果たせたので連絡用に名刺を渡して退散。
でも最後に「お腹大きいですね。何ヶ月ですか?」って聞いてやった。
Aがなかなか答えずにいると、
おばさんが吐き捨てる様に「8ヶ月です!」
まぁ、そうなんだろうなぁ…とは思っていたが
実際聞くと流石にちょっと凹んだ。
それから1週間後、おばさんから手紙が届いた。
不貞を働いていた事と騙していた事のお詫び
Aと旦那を追い出した事、借金は慰謝料利子込みで
50万にする事、A達が責任を持って返済する事
(分割)が、書かれていた。
分割なのが気になったが、
払ってもらえるんだったら文句は無いので快諾。
これで解決かと思いきや、返済が滞る滞るw
約束の期日になっても振り込まれない事が多々あり
しかも遅れる等の連絡は一切無し。
仕方ないので、おばさんに催促の電話を入れると
必ず非通知で文句言ってくる。
連絡されたくないならキチンと払え、
と毎回言ってるがやっぱり遅れる。
結局、1年半で完済の予定が延びに延び4年掛かった。
何か色々分かりづらくてすいません。
死亡連絡してたのはAの母親本人です。
後日謝罪をしていただきましたが、
どうやらA母も俺がストーカーと聞かされたみたいです。
それで娘を守る為に一芝居うったと。
主語抜けてました…文句言ってくるのはAなんです。
(Aに連絡付けられない)俺がA夫の母に催促→A夫の母、Aを説教
→Aが非通知で「A夫の母に一々連絡するな」と文句
って感じです。