fbpx

息子『自分は同セイ愛者だ、結婚はしない』→衝撃の告白を受けパニック!が、夫はとっくに知っていたらしい・・・

引用元:http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/live/1396871892/   私は主婦Aです。息子が同セイ愛者だった。
しかも夫はとっくに知っていて私だけ聞かされてなかった。
ことの起こりは結婚まで遡る。
私の夫には兄がいたのだけれど、初めて会ったときから気に入らなかった。
少し太っていたけど顔は悪くないし世間的にも硬い職業。
親切だし人あたりも良かったけれど何か気に入らなかった。
私は夫と結婚し、義両親と同居することに。
義兄は遠くで一人暮らしをしていた。
義両親の家(二世帯構造)に住ませてもらって
義両親もいい人だったけど、なんかやはりひとつ屋根の下で暮らすのは気が滅入った。
でも義実家にしばしば義兄が遊びに来るのが一番の苦痛だった。
しかし義実家を建てるお金は義兄も「助け」していたし(結婚前)
私たちは義兄が住んでいたスペースに住ませてもらっていたので文句の言いようもない。
遠距離で世話ができないからと、かなり多額のお金も義兄は夫に送っていた。
だから夫も義両親も義兄を歓迎。
やがて息子が生まれた。しかしそれと同時くらいに夫が鬱になり、仕事を長期求職。
現在でも完全には復帰できてない。
暮らしがきつくなり、ますます義実家から出られなくなった。
出たい、私たちだけで暮らしたいという希望は夫も知っていたが、とても無理。
我が家の窮状を知った義兄が経済的に「助け」してくれたが正直断りたかった。
結局、私はいろいろ精神的に病んでしまった。
これは確実に私の偏見だけど、独身貴族で都会で優雅に
マンション暮らししている義兄が私たちを笑っているという妄想に取り憑かれた。
「義兄に会いたくない、「助け」も断りたい」と夫に泣き言を言った。
なにより中年になって結婚していない義兄がキモいと暴言を吐いた。
性犯罪者予備軍だみたいなことまで言った。
あんまりクドクド言ったら夫が切れた。当然だけど。
で、衝撃の事実発覚!
「義兄は同セイ愛者で夫も義両親も承知している」と。
さらに年上の彼氏がいて「性犯罪などとは無縁だ」とまで言われた。
私はそれまで同セイ愛者に偏見はないつもりだったけど、ますます義兄が嫌いになった。
特に息子は絶対に会わせたくないと思うようになった。
しかし息子は成長し、義兄と同じ職に付きたがるようになって
正月などに会うと親しげに話し合うようになった。私のストレスは頂点に。
しかし義兄の「助け」なしではやっていけなかった。私も働いていたけど。
しかし夫も復職しいろいろ改善されてきたところで
義父が体調を崩し、介護が必要になってきた。
私は独身の義兄も手伝うべきだと(嫌いなくせに)主張したけれど「遠距離で無理」とのこと。
しかし義兄はヘルパーとさらに家政婦を雇うお金まで出して文句のつけようがなかった。
全て私の偏見と嫉妬と妄想だということはわかっている。
でも嫌で嫌で仕方なかった。息子だけが生きがいになってきた。
そして息子は大学に進学した。
そして大学院に進み、それこそ義兄と同じ分野に進むことになった。
義兄はその分野では有名らしく、学会などで息子に会っていたらしい。
私が義兄を嫌っているのを息子は知っていたので
最近までそんなことがあったとは知らなかった。わたしだけ。
息子は無事院を修了し、就職した。
私は自分の親が毒親だったせいもあり、暖かい完璧な家庭を作ることに執着していた。
だから次は息子の結婚、孫誕生だと勝手に思い描いていた。
そして、先日息子から衝撃の告白。
「自分は同セイ愛者だ。結婚はしない」
もう目の前が真っ暗・・・しかもそれも義兄の差し金だという妄想が一気に頭を沸かせた。
義兄を罵って同セイ愛者だということを口走ったら、息子も仰天。
義兄のことは全然知らず(当然だが)義兄は無関係だった。
そこに夫もいたが、別に動揺も見せず問い詰めたら
「もう息子に聞かされていた」
「いやそれ以前に察していた」と。
知らないのは私だけだったと思うとそれ自体が悲しくて涙が止まらなかった。
そこで学会や就職で息子が義兄と連絡を取り合う中だということまで発覚。
大事な息子が大嫌いな義兄と親しかったことでますますショック。
夫は「息子が幸せになれるならそれで構わない、お前自身の人生だ」と悟ったような発言。
息子は息子でカウンセリングや精神科など考えられる対策?は全て取った上でこの生き方を選択するという。
もう私の出る幕はない。願いがかなうこともない。
結局なんで義兄が嫌いなのかは今でもわからない。
義兄がいなかったら息子の同性愛とも、もう少しまともに向かい合えたという気もするが意味はない。
数日前に起きたことで今でも私だけ修羅場。
全て私だけが悪いことはわかっているけど、涙が止まらない。
今は息子と義兄の間になにかあったのではないかと妄想して眠れない。
おそらく病院に通う必要があるので来週行く。
私だけが意味もない憎しみや怒りを抱いて独りで混乱してました。
同性愛も、義兄がそうでなかったらたぶん今よりはまともに受け止められていたと思います。
敢えて言えば、義兄は冷笑的というか論理的すぎるとか、そういった印象を最初に受けました。
でも実際の行動は家族に対する愛情を示しています。
あと夫があまりに義兄を慕っているので嫉妬もあったかも知れません。
また私自身が結婚などを人生の重要事項に捉えすぎていて
それから外れた人を避けていたのでしょう。
完璧な家庭に執着しすぎていて、それを外れてもなお幸せいっぱいな義兄に嫉妬していたんでしょう。
自分の生活が色々混乱しさらに妬んでいた。
昨日一晩冷静に考えてみました。
自分は子供に愛情を注ぎつつちゃんと育ててきたつもりですが
毒親と言われても仕方ないですね・・・
義兄に正面から失礼なことを言ったことは一度たりともありません。
あと義兄は菩薩かと書いていらっしゃる方がいますが、
基本的に自分と直近の家族にしか関心がなく
私と息子は眼中にないような感じでした。もちろん挨拶とかは普通ですが。
息子と接点ができたのも息子の方から近づいたからで。
研究者肌というか学者肌というか浮世離れした感じがあります。
見た目はオタクっぽく服装も不潔じゃないけどいつも同じ感じです。
私の実家や故郷、友人など私に関する話は聞いていても、全然覚えてません。
私に関心がないのだと思います。
「こんな楽な親戚はいないじゃない」と友人に言われました。
こう書いていると自分がなんで気に入らないのかますますわからない。
ただ私は話を聞いていなかったり無視されるとすごく頭に血が上ってしまいます。
それに近いいらいらを会うたびに溜めていたのかも知れません。
あと私が義兄も同セイ愛者だとばらしたせいで
息子はますます義兄に親近感を覚えたような気がする。
社会人だし今ではラインでもなんでもあるし
スカイプもやっているらしい。連絡は取り合っているだろうと思う。
義兄の影響で息子が同セイ愛者になったとはさすがに思っていません。
ただ仕事でも静的嗜好でも息子が嫌いな義兄と
同じになったのが気に入らないだけの八つ当たりです。
うちは暴カ&放置系毒親だったのでそれだけにはなるまいと思っていましたが
別の種類の毒親になってしまったみたいですね。
一番のヒガイ者は夫だと思います。私の呪詛を延々と聞かされて。
息子には悪影響になると思い、直接おじの悪口はいいませんでした。進路も反対はしませんでした。
それでも私が義兄を嫌っていることは息子も察していたので無意味でしたが。
同性愛という生き方について「悩んでいるなら打ち明けて欲しかった」と言うと
「別に悩んだことはない。ある程度の確率で起こることが自分にたまたま起きただけ」
「自分のためだけに稼ぐのも性にあっている」と言われて返す言葉もなくなりました。
治したい(治せるものではないとわかっています)とか
そういうことは微塵もなく表面上は達観しています。
 
その後いろいろありましたがいい方向に事態が向かっているので改めて書き込みたいと思います。
結局友人のつてで精神科にかかることになりました。
友人は唯一いろいろ打ち明けられる仲でした。
精神科も怖いというイメージがあったのですが、先生はよく話を聞いてくれました。
妄想や感情の乱れが止まらない。不眠と食欲の異常の症状を話しました。
息子や義兄、家族の話もしましたが「大変でしたね」と
ただただ優しく話を聞いてくださって、泣いてしまいました。
「治療と並行してカウンセリングを受けたほうがいいでしょう」
と、病院所属のカウンセラーの方を紹介していただきました。
薬は、どうしても辛い時にだけ飲むように
精神安定剤を処方していただきましたが幸い今のところ服用していません。
カウンセラーの先生は、まず話を聞くことに徹してくださいました。
そして複数回を重ねるうちに、私が抱えているものを的確に分析してくれました。
特に、義兄への感情について
「理由がなくてもどうしても合わない人は残念ながら存在する」
「一生そういう人に会わない人の方が多いので理解されにくい苦しみ」
というご指摘には心底救われました。
さらに「貴女も頑張っていたのに、義兄だけが称賛されているように感じていたのでは?」
というお言葉に、ただただ泣いてしまいました。その後も
「家族は貴方にもちゃんと感謝している(私も気がつかなかった具体例を指摘)」
「今しているお義兄さんの過去「助け」の返金(少額ですが)はとてもよいこと」
「息子さんの特に性に関する挙動は男親でないと気がつかないこともある」
といろいろ指摘してくださいました。
こう書くと嘘のようですが、義兄に関するモヤモヤも急速に薄れつつあります。
もちろん親近感を感じたりするわけではありませんが、
一方的に憎んだりする気持ちは驚く程軽くなった気がします。
ちなみに夫が息子の同セイ愛傾向に気がついたのは、
息子が女性に対して、不自然なほど関心がない。
眼中にない場面を見て不審に思ったことがきっかけです。
そういえば息子は女性タレントや歌手についても
全く冷静な目で見ていたと思い起こす点がありましたが、特に異常とは思っていませんでした。
そして、息子の将来についても
しっかりした考えを持っていて自立している。
それはお母さんの教育の賜物でもあるのですよという言葉で
息子のこれからにも希望が持てました。
そして、つい先日義兄が遊びにやってきました。
義兄は私の大好物の北海道のレーズン菓子を買ってきてくれました。
私が好物だと言ったことを覚えていてくれたのです。
夫が事前に話したのかなとも思ったりもしましたが、
そういう邪推はやめて、お行儀悪いけれど義兄を含めて家族全員でいただきました。
今までもそういう機会はあったのですが、とても美味しくいただけたのは
私の気持ちが少し整理が付いたからなのかなと思いました。
息子は同セイ愛のことを話して気が楽になったのか、
私に対して昔より口が軽くなったように感じます。
そして私もそのことを受け入れつつあります。
「家族が健やかであればそれでいいや」と。
「仕事でもお義兄さんを頼れることがあるなら、失礼ない範囲でお願いしなさい」
というと、夫の方が涙ぐんでしまいました。
今現在もカウンセリングは継続していますが、
少なくとも義兄についてやることなすこと気に入らなかった状態は確実に改善されつつあります。
そしてそれが異常だとわかっていても、止まらなかった状態が恐ろしく思い返されいます。
感謝と共に、経済状態が改善されている現在
続けている義兄への返金は義理とかそういうことではなく
ひとつの目標としても続けた方が良いと
カウンセラーの先生も仰っていたので今後も確実に実行していくつもりです。
義兄も特にこだわりなく受け取ってくれているのはありがたいです。
謝罪や意志の表明やいろいろした方がいいのでは、と焦る気持ちもありますが
先生のご助言のもと焦らずやっていこうと思います。
今は逆にちょっと気持ちが昂ぶっているというご指摘もあるので
プロに任せて健やかな状態を取り戻したいです。
ここに書いたことも、間違いなく胸の内を吐き出す手助けになりました。
ご指摘ご助言お叱り含めて、綺麗事ではなく書いて良かったと思います。
ありがとうございました。